おまとめで損をするケースってあるの?

基本的におまとめローンは利用者にとってメリットのあるローン商品です。しかし場合によっては損をすることもあります。おまとめローンのいいところは、複数の借り入れを一本化するために高額のお金を借りることにより、それまでよりも低い金利を利用できることにあります。小口融資はどうしても金利が高いので、それらを複数契約していると、金利の総支払額だけでも高額になってしまいます。この状態を改善し、金利の支払額を少なくさせることが、おまとめローンの最大の魅力なのです。
ところがおまとめローンの金利が、想定していた以上に高く設定されてしまった場合はこの魅力が薄くなってしまいます。そのうえ返済期間が延びてしまうと、それだけ支払額が増えてしまうので、結果的に損をしてしまうことになるのです。勘違いしそうになりますが、おまとめローンは借金の元本そのものが減るわけではありません。金利の減少幅の差額を利用できるかどうかにかかっていますので、この点については特に注意が必要です。
また人によっては損をしたように感じてしまうケースもあります。たとえばおまとめローンは返済専用のローン商品が多いので、新たな借り入れができなくなる可能性があります。もちろんおまとめローンは借金の返済をスムーズにするための商品ですので、これは当たり前といえば当たり前なのですが、日々の資金繰りに悩んでいる人にとってはデメリットになってしまうかもしれません。
おまとめローン審査が通りやすいところはどこ?おすすめはココだ!はこちら